妊娠中の葉酸不足はNG?

妊娠中の葉酸不足はNG?

妊娠中の葉酸不足はNG?

「妊娠中の葉酸不足はNG?」

 

妊娠中の葉酸不足が良くないと言われる理由としては、胎児に悪影響が及ぶからです。
母体にとっても葉酸不足は体調に悪影響を与えてしまう可能性も大いにあります。
といっても胎児は自分で栄養を摂取することが出来ないため、お母さんが摂取する栄養が偏ってしまうと胎児の発育にダメージを与えてしまいます。
これから妊娠中に葉酸摂取を心掛けてほしい理由を詳しく説明していきます。

 

◆胎児を健康な発育へと導く
試験管にも入ってしまうくらいの大きさの精子が、受精卵と合致して栄養を吸収し始め成長を始める様子は想像をはるかに超えます。
お母さんの子宮を徐々に膨らませるほどに育った胎児は、出産までの10ヶ月を迎える頃には人の形へと立派に成長し生れてきます。
赤ちゃんが自力で呼吸し、泣くこともでき、我々大人と同じよう小さな手足の指も完成されています。
当たり前のことが出来る一人の人間へと成長していけるのは、子宮の中でたっぷりの栄養を吸収しているからなのです。
激しい細胞分裂を繰り返すことで胎児は急成長し、その繰り返しに必要不可欠なのが葉酸ということです。
もともと葉酸は、細胞分裂や遺伝子情報を構成するために欠かせない栄養要素です。
無事に生まれた後に立派に成長していくには、胎児にとって子宮の中にいる時期というのはとても大切であることがわかりますね。

 

◆障害の無い子供へ
胎児の先天性異常は、妊娠初期の段階で表れます。
染色体異常が原因で起こるケースが多く、もとは男性の精子に異常がある場合や子宮の中で染色体が何かのダメージを受けたことにより障害へと繋がります。
一言に障害といっても色々な種類がありますが、どちらにせよ生れてからの苦労は少なからずあると考えてもいいでしょう。
あらかじめ葉酸を摂取することで障害の無い健康な子供に育てることが可能であるなら、積極的に予防していきましょう。

不妊にはイソフラボンがおすすめ

女性には欠かせないといわれているのがイソフラボンです。
体内で女性ホルモンと同じような働きをすることからそういわれています。
このイソフラボンは不妊治療にも使用されています。

 

■大豆イソフラボン

 

フラボノイドの一種であるイソフラボンはエストロゲン(卵胞ホルモン)と同じような働きを持つことから、女性に欠かせない成分として注目されています。

 

中でも簡単に摂取できることから評判となっているのが大豆イソフラボンです。
エストロゲン不足を補って女性特有のトラブルを防ぐ、そして改善することを期待されています。

 

大豆イソフラボンは当然、大豆製品に多く含まれています。
本来、普通の食生活を送っていれば十分に摂取できることが考えられますが、インスタント食品やファーストフード、外食などに頼った食生活を続けているとどうしても不足してしまいます。

 

大豆イソフラボンを摂取するなら、和食中心の食生活にする必要があるでしょう。

 

■不妊治療とイソフラボン

 

エストロゲンは卵巣機能の向上、子宮内膜の質の向上、生理周期の正常化など、不妊対策には欠かせない作用をもたらします。

 

エストロゲンの分泌が少ないことが原因であるタイプの不妊の人には、イソフラボンの摂取が不妊の改善に期待できます。

 

事実、大豆イソフラボンを不妊治療に取り入れているクリニックもあるといい、イソフラボンの有効性が伺えます。

 

大豆製品などの食品からイソフラボンを摂取することも可能ですが、難しいようならサプリメントも上手く使うといいかもしれません。
妊活にはこちら→葉酸サプリメント

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ